これまで外資系は再就職の即戦力を採用してきた

画像

外資系の会社で就業している人はけっこう多い。外資に就職するというと、これまでは再就職で中途採用の即戦力となる人を採用するような印象を受けたが、最近では新卒の入社に野心的な外資系も増えてきている。
【応募の前に】大学卒業時からいわゆる外資系の企業を目指すという方もいますが、やはり実際にたいていは日本の企業で勤務してから早くても30歳前後で外資に転身というパターンが一般的なのだ。
「掛け値なしに本当の気持ちを話してしまうと、仕事を変えることを決意した要素は収入のせいです。」こういったケースもあるのです。ある会社(外資系IT企業)の営業職の30代男性の方のエピソードです。
応募先が本当に正社員以外を正社員に登用してもらえるチャンスがある企業なのか違うのかしっかりと確かめたうえで、可能性があるようなら最初はアルバイトやパート、派遣からでも働く。そして正社員になることを目指すことにしよう。
多くの場合就職試験の日までに出題傾向を専門誌などを使って事前にリサーチして、応募先に合わせた対策を準備しておくことを忘れてはいけない。ここからはそれぞれの就職試験についての概要とその試験対策について紹介します。

いわゆる会社説明会とは、会社側が主催する就職ガイダンスのことで、セミナーとも言われます。その会社を志望する生徒や転職の希望者を招集して、企業の概観や募集の主意などを開設するというのがよくあるものです。
明らかに記憶にない番号や非通知設定の電話から電話があったりすると不安になってしまう心情はわかるのですが、その気持ちを抑えていち早く姓名を名乗り出るべきでしょう。
やはり企業の人事担当者は応募者の隠された力を読み取り、、「会社にとって必要で、役に立ちそうな人か?」を真面目に選び抜こうとするのだ。そう考える。
初めに会社説明会から関与して筆記による試験、数多くの面接と歩んでいきますが、それ以外にも希望する企業でのインターンシップや同じ学校の卒業生を訪問したり、リクルーターと会う等の手法もあります。
通常、企業は雇っている人間に対して、いかほどの有利な条件で労働してくれるのかと、どれほど早期の内に会社の利益アップに引き金となる能力を使ってくれるのかだけを夢想しているのです。

正直なところ、就職活動をしている最中に自己分析(自分自身の理解)をやっておくほうがよいのでは?と人材紹介会社で言われて実際にためしてみた。けれど、はっきり言って全然役に立たなかったのである。
企業での実際に働いた経験を一定以上に積んでいる方なら、人材紹介会社なんかでもそれなりの利用価値はあります。なぜなら人材紹介会社などを使って人材を求めている企業は、確実に即戦力を求めているのである。
ひとたび外資系企業で働く事を選んだ人の大勢は、変わらず外資のキャリアを続けるパターンが多いです。すなわち外資から日本企業に戻ってくる人は例外的だということです。
この先躍進しそうな業界に勤務する為にはその業界が掛け値なしに成長中の業界なのかどうか、急な拡大に照合した経営が無事にできるのかどうかを明らかにしておくことが必要な条件でしょう。
【応募の前に】面接というものには完璧な答えはありません。どこがどのように良かったのか悪かったのかなどといった判断基準は企業ごとに、場合によっては担当者が変われば大きく違ってくるのが本当のところなのです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック