人材紹介会社では再就職を目指す利用者に、企業の長所と短所を隠さずに伝えている

画像

【就職活動のポイント】離職するという覚悟はないのだけれど、できればどうにかさらに収入を多くしたいという人。それならまずは収入に結びつく資格を取得するのも有効な手法なのかもしれない。
【就職活動の知識】人材紹介サービスといった紹介を行う会社では、入社した人が短い期間で離職してしまうなどの失敗によって自社の人気が悪くなるから、企業の長所、短所どっちも隠さずにお伝えするのです。
実は、就職活動のときには、自己分析(自分のキャリアの整理)をしておくといいだろうと人材紹介会社で言われて実際にためしてみたけれど、はっきり言って期待外れで何の役にも立たなかったと聞いている。
中途採用で就職口を探すならアルバイト、派遣でいいから、まず最初に「職歴」を作り、小さめの会社を狙い定めてどうにか面接をしてもらう事が全体的な抜け道なのです。
【応募の前に】大事です。就職先を選択するとき何と言っても自分の希望に忠実になって選択することであって、少なくとも「自分を応募先に合わせよう」なんてふうに考えてはうまくいかないのです。

正直なところ、就職活動をし始めたころ、「目標の会社の採用を勝ち取るぞ」と思っていたのに、何回も不採用が続いて、近頃ではすっかり採用の担当者に会うことでさえ「恐怖」と感じてしまうようになったのである。
総じて、職業安定所での求人紹介で就職する機会と私設の人材紹介会社で就職を決めるのと、共に釣り合いをみながら進めるのが良策ではないかと思われます。
【採用されるために】再就職を目指して人材紹介サービスを利用しようとしている人に人材紹介サービスといった紹介を行う会社では、送り込んだ人が急に離職してしまうなど失敗があると双方からの評判が悪化するので、企業の長所、短所どっちも正直に伝えているのだ。
【就職活動のポイント】内々定は、新規卒業者(予定者)に関する選考等の企業と企業の倫理憲章(取り決め)に、正式な内定日はどんなに早くても10月1日以降ですと規定されているので、やむを得ず内々定というかたちにしているということ。
社会人になっていても、状況に応じた敬語を使うことができている人はほとんどいないのです。一般的に、世の中ではただの恥と言われるだけなのが、面接時には致命的な悪印象をもたれるような場合が多いのである。

いくら社会人になっていても、正しい丁寧語、謙譲語、敬語などを使うことができる人は少ない。このように、社会人ということで恥と言われるだけなのが、面接時には採用が絶望的になるように働くことが多い。
外国籍企業の勤務地で要望されるビジネスマナーや仕事上のスキルは、日本の会社員の場合に促される挙動や業務経験の基準を著しく超過しています。
「私が今に至るまで蓄積してきた腕前や特殊性を有効活用してこの仕事に就きたい」といったように自分と照応させて、なんとか話しの相手にも論理的に意欲が伝わるのです。
就職しても、選んだ職場が「思っていたような会社じゃない」、「やりたい仕事じゃない」や「こんな会社にいたくない」などと思っちゃう人は、腐るほどいます。
【応募する人のために】面接選考では応募者のどこが今回の面接において悪かったのかについてわざわざ教えてくれる懇切な会社はありえない。だから応募者が自分で直すべき点をチェックするという作業は非常に難しいことです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック